ビッグライトのテクニカルイラストを描きました。

2016年11月に描いた記事(プロが描く、ドラゴンボールのスカウターの取扱説明書)でスモールライトは描いていたので今更ですがビッグライトを描きました。
作成時間は約30分。


テクニカルイラストは作成するにあたりルールがあります。 
1年以上経った今、スモールライトにビッグライトを描き足しても絵のタッチの差がありません。
手書きの場合は絵のタッチの違いが顕著に出ますが…。

逆に言えばルールさえ守っていれば誰が作成しても変わらないという寂しい結果なんですけどね。
しかしテクニカルイラストのルールを把握しているのと把握していないのでは出来上がりに雲泥の差がでます。

特に修正の時に差がでますね。
テクニカルイラストレーターは流用・改定・修正に敏感なので、流用・改定・修正に強いイラストを作成できます。
3Dの場合は…キャプチャーを撮りなおすのでなんとも言えないかもしれません。(私はXVLを使っていました)

取扱説明書関係は「自分が描いた」と言えないのでサンプルがなかなか作れません。
こういった形で自分のスキルやサンプルを作っていけたらいいなと考えています。

The following two tabs change content below.

ぬっきぃ

群馬県高崎市在住のWebライター・イラストレーター。イラスト・漫画を交えた記事が得意。 取扱説明書のイラスト、テクニカルイラストも得意。 フォークリフトの資格を取ったり建築設計事務所で働いた経験があり、やや理系な気もする。

おすすめ記事

  1. 自分の怒りを報告書にまとめたら相談する側・される側、双方わかりや…
  2. 絵・マンガを描くことが苦痛だった私が楽しく描けるようになるまでの…
  3. ライターになってから買って便利だったもの紹介
  4. フォークリフトの資格を取得したぞ!
  5. 初めて企業に取材をしてきたので流れをメモ

関連記事

  1. 取扱説明書を作るときどこに発注すればいいのか。
  2. テクニカルイラスト講座まとめ・1
  3. 【漫画】テクニカルイラストレーターで得だったこと
PAGE TOP