ライターになりたての数ヶ月、フィードバックをまとめていました

書き起こしました。
これは私のフィードバックなのですが何かの役にたてば…!

★文章のチェック

  1. 人が話しているところに「」をつけたか
  2. 文が繰り返されていないか。(例:私は聞いた「〜〜」と聞く)
  3. 直前の内容と重複していないか(例:重ねて再度)
  4. 文頭に接続詞(そして、)のくる文章が続いていないか(文が素朴になる)
  5. 単語の連呼になっていないか(例:まんじゅうが〜〜まんじゅうは〜〜まんじゅうであった)
  6. 修飾が多くなっていないか(私は〜〜思った→×私は修飾語修飾語思った)
  7. 付けるはつける
  8. 「口に出して言う」意味での言う以外はひらがな
  9. 気は遣う

★意味のチェック

  1. 主格を揃える(×私に言っても→私に言われても)
  2. 頭の中で文章を省略していないか
  3. 見出しと本文は別物と考える
  4. 同じ単語でも指している言葉が違う時はそれぞれ明示する(曲の音程・一定の音程)
  5. 表現が前後で反発していないか
  6. なぜ、そうなったのか理由を明確にする
  7. 言い回しを直前のものと揃えているか
  8. はじめとさいごで内容に矛盾はないか
  9. 「ました」「ました」「です」「です」と同じ語尾が続くとつたなく見える。意味が変わらない範囲で適当に変える。
  10. 抽象的ではなく具体的に書く

私がライターデビューしたのは2016年9月9日のデイリーポータルZでの音痴講座をやってみたでした。

私はこの時までロクに文章を書いたことがなかったので、この記事を完成させるのに苦労しました。案の定、返ってきた原稿は真っ赤です。
「このままじゃいけない」とそこから数ヶ月はもらったフィードバックをまとめて見返せるようにファイリングをしていました。

それを媒体ごとにまとめていました。
なぜまとめていたかというと、私は地方(といっても、がんばれば日帰りで都内に行けますが…)なので同業者に会う機会が少なかったからです。

「1人で乗り切るにはこれしかない」

と、フィードバックをまとめ、次回原稿作成時にファイルを見ながら執筆。とPDCAサイクルを回していたわけです。

もし、同業者が近くにいれば「このことなんだけど」「あれなんだけど」とすぐ相談できたでしょう。でもそれができなかったので「前回の私を超えてやる」という意気込みで原稿作成に望んでいました。

原稿でふざけているのでこういう話はアレですが、頑張ってた私受け入れキャンペーンをしようと思います。

各媒体の編集者さんは褒めるのがすごいうまいです。
ナチュラルに褒めてきます。その褒めもコピペしてファイリングしていました。
今見返すとすごく当たり前のこと(文章が書けてきましたなど)なのですが当時の私にはすごく励みになりました。

ファイリングファイル。黄色で景気づけしていました

 

The following two tabs change content below.

ぬっきぃ

群馬県高崎市在住のWebライター・イラストレーター。イラスト・漫画を交えた記事が得意。 取扱説明書のイラスト、テクニカルイラストが得意。 フォークリフトの資格保持。建築設計事務所で働いた経験があり。

おすすめ記事

  1. 初めて企業に取材をしてきたので流れをメモ
  2. フォークリフトの資格を取得したぞ!
  3. ライターになってから買って便利だったもの紹介
  4. 絵・マンガを描くことが苦痛だった私が楽しく描けるようになるまでの…
  5. 自分の怒りを報告書にまとめたら相談する側・される側、双方わかりや…
  6. テクニカルイラストレーターの仕事(トレース)

関連記事

  1. 何でもない動画にスタッフロールをつける遊び
  2. Webライター1周年!!
  3. 忍者が好き
  4. 一戸建ての設計をやってた頃の思い出
PAGE TOP